スマートフォン版へ

【菊花賞】エポカドーロ僚馬を圧倒! 皐月賞馬の実力証明だ

  • 2018年10月18日(木) 06時00分
 「菊花賞・G1」(21日、京都)

 2冠制覇へ-。皐月賞エポカドーロが17日、栗東CWで最終リハ。併せ馬で力感あふれる動きを披露し、体調の良さをアピールした。前哨戦の神戸新聞杯は4着に敗れたが、発馬時の後手が響いたもので参考外。本番ではきっちり巻き返してみせる。また、エタリオウは栗東CWでやや後れを取ったが、動きそのものは文句なし。最後の1冠獲りへ、準備は着々と進んでいる。

 まだ薄暗い、朝一番の栗東CW。開門と同時に、皐月賞エポカドーロの黒鹿毛の馬体がうなりを上げて突き進んだ。先行するトーセンアイトーン(3歳500万下)を追走し、4角で射程圏内へ。その姿はまるで獲物を狙う野獣のよう。前肢を力強くかき込み、首をグッと下げてゴール目がけて一直線。瞬く間に僚馬を抜き去り、6F87秒1-38秒1-11秒7をマークした。

 ゴール前は軽く気合をつけた程度で0秒7先着。見守った藤原英師は「いつも乗ってもらっている岡田君(レースは戸崎圭)に前回と比べてどうかと聞くと、“上向いている”とジャッジしてくれた。イメージ通り。最後はしっかりと反応して、しっかりと体を使って走っていた」と満足げにうなずいた。

 前哨戦の神戸新聞杯は、1番人気の支持を裏切り4着に敗退。「(スタート直後に)“戸崎!”と声が出ました。それだけ」とトレーナーが話すように、発馬でのつまずきが響き、この馬本来の積極策が打てなかった。

 あれが本来の力でないことは明白。本番までの道程が、ダービートレーナーの腕の見せどころだ。自身はこの一戦に史上13人目となる“三冠レース完全制覇”の期待が懸かるが「調教師としてはどうでもいい」と仕上げに全力投球。最後の1冠で、皐月賞馬の真の実力を証明してみせる。「ダービーも(直線で)“戸崎!”と叫びました。それが菊でどちらに出るか。菊を獲れるように頑張ってきた。あとは戸崎次第です!」。人事を尽くして天命を待つ。2冠制覇へのバトンは、関東No.1ジョッキーに託された。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す