スマートフォン版へ

【萩S】サートゥルナーリア陣営「ここは通過点にしてもらいたい」/ねぇさんのトレセン密着

  • 2018年10月21日(日) 20時00分
 サートゥルナーリアは新馬勝ちのあと、札幌2歳Sへ向かうプランもありましたが、大事をとってノーザンファームでじっくりと再調整を重ねていました。

「これだけの馬なので焦ることもないということで目標を切り替えました。栗東に戻ってからは脚元に不安なところはなく、順調にきています」(辻野助手)

 帰厩直後から、さらにムキムキした体は目立っていましたが、最近はさらにそれがブラッシュアップされて2歳馬らしからぬマッチョぶりです。

「実際に乗ってみて2歳馬とは思えない凄さと安定感を感じます。エピファネイアのような危うさも感じませんね」

 萩Sの1週前追い切りはレースでも引き続きコンビを組むミルコ・デムーロ騎手を背にウッドチップコースで3頭併せで行われました。クリアザトラックエスポワールを前に置いて2頭を追いかける展開だったのですが、4コーナーでアッという間に取りついて、そこからは独壇場でしたね。全身を使って実に躍動感のある走りを見せていましたよ。

「からだ的にはまだ余裕がある感じではあります。でも、持っているポテンシャル、完成度は相当なものです」

 6月の新馬戦以来、4か月ぶりの実戦となる萩ステークスですが、陣営はすでに“次”を見据えているように感じます。

「ここは通過点にしてもらいたいですね」

(取材・文:花岡貴子)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す