スマートフォン版へ

【天皇賞・秋】ヤマニンゼファーとセキテイリュウオーの叩き合い、最後はハナ差の決着に/平成天皇賞・秋 名勝負列伝

  • 2018年10月22日(月) 19時00分
 GI馬が多数、出走を予定している今年の天皇賞・秋。今年のような豪華メンバーによる名勝負は、平成に入ってから幾度となく繰り広げられている。今週はそんな「平成天皇賞・秋 名勝負列伝」をお届けする。初日は1993年、ヤマニンゼファーを振り返る。

■距離不安を一掃し、ヤマニンゼファーが混戦を断つ

 天皇賞・秋の4日前、衝撃のニュースが競馬界を駆け巡る。大本命と目されていたメジロマックイーンが、左前脚の繋靱帯炎の発症で引退を発表したのである。また、毎日王冠勝ちのシンコウラブリイは、外国産馬のため天皇賞・秋への出走権がなかった。にわかに、天皇賞・秋は混戦模様を呈することとなる。

 1番人気に天皇賞春秋連覇を狙うライスシャワー、2番人気は悲願のGI制覇を目指すナイスネイチャ、3番人気は前哨戦のオールカマーを逃げ切ったツインターボ、そしてヤマニンゼファーが5番人気に支持された。

 ヤマニンゼファーは、前年(1992年)の安田記念で初GI制覇後、秋はマイルCS5着から、当時12月に行われていたスプリンターズSを2着、翌年の安田記念では連覇を果たしていた。そして秋は二階級制覇を目標に、始動戦として芝1800mの毎日王冠へ出走したものの、6着に敗れた。この前に使われた芝1800m(中山記念)も4着だった。1800mで勝ったことがないヤマニンゼファーに、さらに1F延長のうえ初めてとなる2000mは長いのではないか、というのが大方の予想だった。

 レースはツインターボが大逃げを打ち、ヤマニンゼファーは2〜3番手の内、その後ろの4番手にライスシャワーがつける。向正面ではツインターボが4馬身以上の差を広げ1000m通過58.6秒で進んだが、3コーナー過ぎからヤマニンゼファーが馬なりで進出を開始、ライスシャワーもその外を追走。そして、直線を向くとツインターボを捕らえたヤマニンゼファーが先頭に躍り出る。いつもの伸びが見られないライスシャワーを突き放し、単独先頭に立ったヤマニンゼファーだったが、残り200mで外からセキテイリュウオーが鋭い末脚で並びかけてくる。馬体を併せた叩き合いが続き、2頭が並んでゴール板を駆け抜けた。軍配はハナ差でヤマニンゼファーに上がった。

 息詰まる接戦に、レース後の柴田善臣騎手も「勝ったと思っていたが、(セキテイリュウオーに騎乗していた田中勝春騎手に)聞いたらわからないというので、自信がなくなった」と語るほどだった。ただ、田中勝騎手の本音は違い、ゴールの瞬間に「負けた」とわかっていたようだ。前年の安田記念でコンビを組み、田中勝騎手へ初のGI勝利をもたらしてくれたヤマニンゼファーのしぶとさをよくわかっていたのかもしれない。田中勝騎手はヤマニンゼファーの引退に際し「競馬にいくと隣の馬に抜かせない勝負根性がありました」とコメントを寄せている。

 距離を克服し、並みいる強豪を抑えて秋の盾を手にしたのはヤマニンゼファーだった。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す