スマートフォン版へ

天皇賞・秋ダイジェスト/勝ちタイムは1分56秒8(良)

  • 2018年10月28日(日) 18時30分
2018年 天皇賞・秋(GI・東京芝2000m/天気:晴/馬場:良/12頭立て)

 5番スワーヴリチャードがスタートで遅れた上、6番マカヒキに寄られ最後方からの競馬に。場内がどよめく中、3番ヴィブロス、10番キセキ、7番アルアインらが先行して2コーナーに入る。

 2コーナーを回って、ハナに立ったのはキセキ。1馬身半差でヴィブロスアルアインが並び、2馬身開いて1番ステファノス、さらに2馬身差で11番ミッキーロケットが続く。2馬身開いて4番レイデオロ、さらに3馬身離れたところに9番サングレーザーがいる。

 4馬身開いて2番ブラックムーン、1馬身差で12番サクラアンプルール、直後にスワーヴリチャード、その外にマカヒキが続き、さらに3馬身離れた最後方が13番アクションスターとなった。前半1000mの通過タイムは59.4秒。3コーナーに入り、レイデオロが徐々に進出を開始。スワーヴリチャードは後方2番手のまま最後の直線を迎える。

 直線に入って、残り400m地点でキセキリードは2馬身。アルアインヴィブロスキセキとの差をなかなか詰められず、替わって外からレイデオロが上がってきた。そのさらに外からサングレーザーも脚を伸ばしてきている。スワーヴリチャードマカヒキはともに伸びない。

 残り200mを切ってもキセキが渋太く粘っていたが、ここからレイデオロがグイグイと差を詰め、ゴール前で先頭に躍り出た。サングレーザーも猛追したが、最後はキセキと並ぶところまで。結果、レイデオロが先頭でゴール板を駆け抜け、昨年の日本ダービー以来のGI・2勝目を挙げた。鞍上のC.ルメール騎手は秋華賞菊花賞に続くGI・3連勝で、JRA記録タイの年間6勝目。本馬を管理する藤沢和雄調教師は天皇賞・秋6勝目となった。

 2着は1.1/4馬身差でサングレーザー、3着はさらにハナ差でキセキ。以下4着アルアイン、5着ミッキーロケットマカヒキは7着、スワーヴリチャードは10着という結果となった。勝ちタイムは1分56秒8(良)。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す