スマートフォン版へ

【JRA】フェイムゲームが引退、ダイヤモンドS3勝など重賞6勝

  • 2018年11月03日(土) 20時01分
 ステイヤーズSに向けて調整されていたフェイムゲーム(セン8、美浦・宗像義忠厩舎)は、右前脚の状態が悪化したため、現役を引退することがわかった。所属するサンデーサラブレッドクラブが3日、発表した。

 フェイムゲーム父ハーツクライ母ホールオブフェームその父アレミロード。半兄に重賞7勝のバランスオブゲームがいる血統。

 重賞は2014・2015・2018年のダイヤモンドS、2013年の京成杯、2014年のアルゼンチン共和国杯、2017年の目黒記念の6勝。また2015年の天皇賞(春)では、ゴールドシップとクビ差の2着だった。

 通算成績は29戦7勝(うち海外2戦0勝)。獲得賞金は4億1114万8000円。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す