スマートフォン版へ

【岩手競馬】再度の禁止薬物陽性馬の発生を受け、次回開催前半は中止/地方競馬

  • 2018年11月06日(火) 19時19分
 競走馬理化学研究所から岩手県競馬組合に、28日の岩手競馬第5競走に出走し1着となったヒナクイックワン号から禁止薬物のボルデノン(アナボリックステロイド ※筋肉増強剤)が検出されたとの報告があった。6日、岩手県競馬組合が発表した。

 岩手競馬では今年7月および9月にも同様の事案が発生し、全厩舎の緊急立入検査、厩舎監視体制の強化など再発の防止に努めてきたが、再度の禁止薬物陽性馬の発生を受けて、11月10日からの開催を予定通りに行うことは不可能と判断し、10〜12日の開催中止が決定した。以降の開催については決定次第発表される。

 今後は1日でも早く再開できるよう、早急に再発防止対策のさらなる強化を図り、公正な競馬を実施できる態勢の再構築に向けて取り組んでいく。

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す