スマートフォン版へ

【JRA】テイエムジンソクが屈腱炎、全治9ヶ月以上

  • 2018年11月07日(水) 17時40分
 4日のJBCクラシックで14着だったテイエムジンソク(牡6、栗東・木原一良厩舎)は、左前浅屈腱炎を発症したことがわかった。今後は9ヶ月以上の休養を要する見込み。

 テイエムジンソク父クロフネ母マイディスカバリーその父フォーティナイナーという血統。重賞は今年の東海S、昨年のみやこSの2勝。また昨年のチャンピオンズCでは、ゴールドドリームからクビ差の2着だった。

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す