スマートフォン版へ

【JRA】モズカッチャン鮫島師「本当のアスリートになった」/エリザベス女王杯共同会見

  • 2018年11月07日(水) 19時01分
モズカッチャンを管理する鮫島一歩調教師

――前走の札幌記念を振り返ってください。
鮫島 ちょっとスタートが…。普通には出ているんですけれども、最後方からの競馬になりました。4コーナーまでほぼ最後方だったので「ダメかな」という気持ちは持ちましたね。最終的にハイペースだったのであそこから伸びてきたというのはあります。馬群を割ってすごい脚で来たので力をつけているなというイメージを持ちました。

――この中間の調整は?
鮫島 府中牝馬Sを使えなかったというか、軽い熱発で回避したんですけど。その影響もほとんどなく、その後も順調に追い切りの本数もこなしてきました。問題はないと思います。

――今朝行われた最終追い切りの評価は?
鮫島 今日は1回目のハローがけの後の、馬場がなるべくいい時間帯でということ(タイミング)でやったんですけれども。相手は2歳でしたが追走して2ハロンで併せて、最後の1ハロンは12秒半で伸びてきました。動きは文句なしでした。

――その状態の中で連覇を狙います。ポイントは?
鮫島 こればかりはスタートしてみないとね。ま、ミルコにお任せという感じです。この前みたいなこともありますのでね。今までは好位から上手いレースをして勝つという感じでしたが、この前(札幌記念)みたいな競馬もできるのかと。どんな競馬でもできるのかなと思い、安心して任せています。

――京都芝2200mはモズカッチャンにとって最適の舞台かと思いますが?
鮫島 やっぱり昨年勝たせてもらっている一番いいコースですね。

――馬場状態については?
鮫島 重は全然問題ないです。良でも馬場は気にしません。

――古馬になって成長したポイントは?
鮫島 本当のアスリートになったな、と思います。最初のころは幼くて能力だけで勝った感じだったんですけれども、最近は戦士というかアスリートになってきたと思います。

――馬体は変わってきましたか?
鮫島 体重的にはあまり変わっていません。つくべきところに筋肉がついてパワフルな体になりました。

――最後にファンの方へメッセージを。
鮫島 昨年勝たせてもらって、今年は連覇できる立場になりました。連覇できる唯一の馬だし、本当に頑張って欲しい。皆さんもそういう気持ちで応援してください。よろしくお願いします。

(取材・文:花岡貴子)

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す