スマートフォン版へ

【エ女王杯】ノームコア柔らか仕上げ 萩原師「良かった」

  • 2018年11月08日(木) 06時00分
 「エリザベス女王杯・G1」(11日、京都)

 大事を取って秋華賞をパスしたのが正解だったようだ。7日、早朝の美浦Wに登場したノームコアは、腰周りをふっくらと見せた柔らかい身のこなしで駆けだした。

 向正面から引っ張り切りの手応えで単走。4角を抜けるまでは少し首が高かったが、直線に向いたらしっかり下がった。背中の柔らかさの目立つソフトな仕上げ。4F53秒2-39秒3-12秒5の時計に、萩原師は予定通りを強調した。「前回と変わらない状態で出られるかどうか。良かったと思います」。至って前向きに話した。

 紫苑Sはレースレコードでの完勝だった。「春とのギャップが大きかった。戸惑いもあります」と、正直な気持ちを吐露した。春は体質の弱さが残り、フローラS3着で権利を取ったオークスも回避した。「思いのほか、馬が動いたという感じがある。馬がしっかりしてきた。それがああいう結果になったと思います」。それでも、G3を勝ったばかりの3歳馬。牝馬の頂点を争う一戦で上位人気に推されるのにはプレッシャーも感じている。

 関西圏への初輸送、未経験の距離と試練も待ち受ける。「輸送もクリアしなければならない課題。京都の2200メートルも未知数で」と慎重な口ぶりだが、ゲートインまで最善を尽くす構えだ。「紫苑Sに引き続いて、ノームコアの能力を発揮できるレースを。当日までいい状態で出せるよう調整していく」と力強く締めくくった。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す