スマートフォン版へ

“完成”インカンテーション連覇&JRAダート重賞6勝目だ

  • 2018年11月09日(金) 06時00分
 13年レパードSでの重賞初制覇から、約5年3カ月の歳月が過ぎた。インカンテーションが連覇の懸かる武蔵野Sで、トランセンドに並ぶ歴代最多JRAダート重賞6勝目に挑戦する。羽月師は「本当にえらい馬ですよね。どうして、これだけ長く走れているのか、正直私にも分からないです。休み明けで万全とまではいきませんが、舞台はベスト。地力とコース適性に期待です」と力を込めた。

 今年もフェブラリーSかしわ記念で連続3着。初のダート7F戦となった前走のプロキオンSでも2着と、8歳馬ながら健在ぶりを示している。担当の長谷川助手は「顔や体つきを見ても若いですよ。以前よりも20キロくらい増え、本当の意味で体も完成されてきた。あと少し運があれば、大きいタイトルも獲れる馬だと思います」と信頼を寄せている。

 G1こそ未勝利だが、ひたむきな走りでファンを沸かせてきたベテラン。「歴史に残るような名誉や、看板をつけてあげたいです」と同助手は優しいまなざしで語る。98&99年のエムアイブランに続くレース史上2頭目の連覇で、記録に花を添えるか-。(デイリースポーツ・大西修平)

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す