スマートフォン版へ

【メイクデビュー京都レース後コメント】ヴァルディゼール北村友一騎手、カフジストーム高倉稜騎手ら

  • 2018年11月10日(土) 14時48分
京都5Rのメイクデビュー京都(芝1600m)は1番人気ヴァルディゼール(北村友一騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分36秒4(稍重)。3馬身差の2着に11番人気マレシャル、さらに1馬身半差の3着に3番人気マレキアーレが入った。

ヴァルディゼールは栗東・渡辺薫彦厩舎の2歳牡馬で、父ロードカナロア母ファーゴ(母の父ハーツクライ)。

〜レース後のコメント〜
1着 ヴァルディゼール(北村友一騎手)
「エンジンがかかるまでは遊ぶようなところがありました。ゴーサインを出してからはタイムラグがありましたが、スイッチが入ると良い脚を使ってくれました」

1着 ヴァルディゼール(渡辺薫彦調教師)
「ゲートに不安がありましたが、思った以上に上手く出てくれました。怖がりで揉まれると良くないので、スタートで出てくれたことが好結果につながりました。まだ幼い所があり、荒削りな部分もあります。逆に言えば、今後の成長が楽しみということです」

2着 マレシャル(古川吉洋騎手)
「良い所を選んで外を回って追い上げていきました。それでも最後までよく伸びてくれています。この内容なら次も楽しみになってきます」

3着 マレキアーレ(J・モレイラ騎手)
「芝と距離も問題なかったです。スタートが良くいいポジションを取ることができましたが、勝った馬が強かったです。順調に成長して勝つことができる馬だと思います」


京都6Rのメイクデビュー京都(ダート1800m)は8番人気カフジストーム(高倉稜騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分54秒1(稍重)。アタマ差の2着に11番人気シャイニーロック、さらに4馬身差の3着に5番人気クリエイトザライフが入った。

カフジストームは栗東・湯窪幸雄厩舎の2歳牡馬で、父ヘニーヒューズ母テイクザケイク(母の父スキャン)。

〜レース後のコメント〜
1着 カフジストーム(高倉稜騎手)
「追い切りの動きは良かったです。返し馬から新馬にしてはバランスの良い馬だと感じていました。あとはゲート次第と思っていました。兄弟と違って、軽い動きができる馬です。ハナに立ってペースも楽でした。頑張って兄に近づいて欲しいですね」

2着 シャイニーロック(富田暁騎手)
「ゲートも良く、楽に2番手につけて、ペースも落ち着いてくれました。あとは前をかわすだけという感じでしたが、直線は同じ脚になってしまいました。でも、前の2頭で後ろを離す展開でしたから、次は楽しみです」

3着 クリエイトザライフ(岩田康誠騎手)
「センスもパワーもあります。今日は3〜4コーナーでペースがアップした時に、置かれた分がひびきました。それがなければもっと差がないレースができたと思います」

5着 レッドスプリンガー(北村友一騎手)
「まだ体をもてあましています。心身ともに、使って良くなる雰囲気があります。上積みが大きそうです」

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す