スマートフォン版へ

【福島記念予想】強敵相手に健闘したスティッフェリオに期待/JRAレース展望

  • 2018年11月11日(日) 10時00分
 秋の福島開催を代表する重賞だが、さすがに小回り、そして多頭数のハンデ戦でもあり、新潟競馬場で行われた2011年を除く、過去10年分で1番人気はわずかに1勝。1〜3番人気の馬でも4勝2着6回3着4回と波乱傾向だ。

 前述の理由で先行力は不可欠で、できれば内枠が望ましい。なおトップハンデを背負わされた馬は延べ14頭の出走で1勝2着2回と1番人気同様に苦戦を強いられている。勝ち馬の斤量は51〜57.5と幅広い。

 近年ではハンデに恵まれる3歳馬の台頭が目立つが、今年は該当馬がないので4歳馬の◎スティッフェリオに期待する。今年に入ってから3勝をあげ、強敵相手の札幌記念でも5着と健闘した。1番人気を裏切ってしまった前走のオクトーバーSの内容にやや不満は残るが、この馬としては位置取りが後ろすぎたことと先行馬が残るような展開になって切れ負けした印象だ。馬格のない馬だけに55kgの斤量は好材料だ。

 57kgのハンデを背負わされるエアアンセムが強敵。函館記念を勝っているように小回りの競馬は得意なはず。やや見込まれた斤量になったが、それだけハンデキャッパーの評価も高いということ。前走オールカマーの内容も評価できるもので、今回のメンバーなら上位争いは十分に可能だ。

 マイペースに持ち込みたいマイスタイルは、マルターズアポジーとの兼ね合いが鍵になりそう。今春の福島民報杯がそうだったように2番手からも競馬ができる馬なので無理追いしなければ、この馬の先行力は大きな武器になりそうだ。

 同じ小回りの小倉日経OPを勝ってきたレトロロック、そのレースで1番人気に支持されていたマサハヤドリーム七夕賞の勝ち馬メドウラーク、先行力のあるマイネルハニーを抑えたい。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す