スマートフォン版へ

セレクトセール2日目の総括

  • 2006年07月11日(火) 20時00分
 11日、北海道・苫小牧のノーザンホースパークで行われたJRHAセレクトセールの2日目に、165頭(4頭が欠場)の当歳馬が上場され、118頭が落札された。売り上げ総額は51億6050万円、平均価格は4373万円、売却率は73.3%だった。

 最高価格は、上場番号271番・トゥザヴィクトリー(エリザベス女王杯-GI)の2006(父キングカメハメハ)。多田信尊氏が代表を務めるグローブエクワインマネージメント(有)が当歳馬としては世界最高額となる6億円で落札した。グローブエクワインマネージメント(有)は他にも上場番号324番・スーアの2006(父シンボリクリスエス)を1億円で落札、多田信尊氏本人も上場番号307番・ガゼルロワイヤルの2006を1億5200万円で落札した。

 また、ダーレー・ジャパン(株)が、上場番号215番・クロフネの全弟ブルーアヴェニューの2006(父フレンチデピュティ)を3億円、上場番号300番・ラインクラフトの半弟マストビーラヴドの2006(父スウェプトオーヴァーボード)を1億4000万円で落札。関口房朗氏が上場番号278番・ファンジカの2006(父ネオユニヴァース)を1億2000万円、上場番号323番・ディボーステスティモニーの2006(父Fusaichi Pegasus)を1億円で落札し、2日目は7頭のミリオンホースが誕生した。

 その他では、金子真人ホールディングス(株)が上場番号331番・リアルナンバーの2006(父キングカメハメハ)を9000万円、上場番号331番・レディアップステージの2006(父キングカメハメハ)を8600万円で落札。島川隆哉氏が上場番号334番・ノボジャックの半弟フライトオブエンジェルスの2006(父クロフネ)を8200万円で落札した。

 12日は当歳馬151頭が上場される予定。上場番号366番アドマイヤキッスの半弟キッスパシオンの2006(牡・父ワイルドラッシュ)、上場番号366番ブロードアピールの2006(牝・キングカメハメハ)、上場番号401番マヤノメイビーの2006(牡・キングカメハメハ)など、まだまだ良血馬が控えている。果たして最終日には何頭のミリオンホースが誕生するのか楽しみである。

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す