スマートフォン版へ

【エリザベス女王杯レース後コメント】リスグラシュー J.モレイラ騎手ら

  • 2018年11月11日(日) 18時44分
京都11Rのエリザベス女王杯(3歳以上GI・牝馬・芝2200m)は3番人気リスグラシュー(J.モレイラ騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分13秒1(良)。クビ差の2着に9番人気クロコスミア、さらに3馬身差の3着に1番人気モズカッチャンが入った。

リスグラシューは栗東・矢作芳人厩舎の4歳牝馬で、父ハーツクライ母リリサイド(母の父American Post)。通算成績は16戦4勝。

〜レース後のコメント〜
1着 リスグラシュー(J.モレイラ騎手)
「色々な惜しい場面がありましたが、GIを勝てる能力はあると思っていました。道中はスムーズで、直線では外にスペースができました。能力を見せられて良かったです。日本で始めてのGI勝利で特別な気持ちがあります。ガッツポーズをしてしまったことは許してください。この馬がさらにGIを取れるようにまた頑張りたいです」

2着 クロコスミア(岩田康誠騎手)
「惜しかったです。自分の競馬をして早めにスパートもしましたが、切れ味勝負で負けてしまいました」

3着 モズカッチャン(鮫島一歩調教師)
「もっとペースが流れてくれればというのもありますが、良いポジションを取れて、道中窮屈な所がありながら、それなりに力を示してくれました」

4着 レッドジェノヴァ(池添謙一騎手)
「内枠だったので、内に押し込められるような形になって、最後の最後まで外に出せませんでした。そんな中、内からジリジリと伸びてくれました。GI初挑戦でよく頑張ってくれています。成長を感じますし、来年が楽しみです」

5着 ノームコア(C.ルメール騎手)
「折り合いはつきましたが、外枠でスローペースで大変でした。直線に入って反応があまりなかったですが、すごく頑張ってくれています。ペースが遅すぎました。まだ3歳馬、古馬は強いですし、これからの馬です」

6着 カンタービレ(C.デムーロ騎手)
「先頭についていけませんでした。距離が少し長く感じました」

7着 フロンテアクイーン(蛯名正義騎手)
「前が開いた時にスッと入れず、ジリジリとした反応でした。距離は短い方が切れ味を生かせるかもしれません」

9着 スマートレイアー(武豊騎手)
「あの形なら本来、ラストは弾けるんですが、以前の脚は出なかったですね」

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す