スマートフォン版へ

【地方競馬】バスタータイプが門別で移籍初戦迎える、2016年のマーチS2着馬

  • 2018年11月13日(火) 14時01分
 2016年のマーチS2着馬バスタータイプ(牡6、北海道・田中淳司厩舎)が、15日の門別10Rオルフェーヴル・プレミアム(ダート1800m)で移籍初戦を迎える。対戦相手は、門別重賞11勝のオヤコダカ、近走堅実に走っているスティレットストーンリバーなど。

 バスタータイプ父ホワイトマズル母グローバルソングその父ブライアンズタイムという血統。

 2014年12月に、栗東の佐藤正雄厩舎の管理馬としてデビュー。2016年2月に条件戦からの3連勝で、オープン特別の総武Sを制覇。その勢いで臨んだ重賞初挑戦のマーチSでも、ショウナンアポロンの2着と好走した。

 今回が門別での移籍初戦となるが、昨年の総武S(6着)以来、19ヶ月ぶりの実戦復帰となる。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す