スマートフォン版へ

【マイルCS】ステルヴィオが激戦を制しGI初V! W.ビュイック騎手もJRA・GI初制覇!/JRAレース結果

  • 2018年11月18日(日) 15時45分
 18日、京都競馬場で行われたマイルチャンピオンシップ(3歳上・GI・芝1600m)は、好位のインでレースを進めたW.ビュイック騎手騎乗の5番人気ステルヴィオ(牡3、美浦・木村哲也厩舎)が、直線で馬群を抜けて先頭に立ち、さらに最内を突いて迫る3番人気ペルシアンナイト(牡4、栗東・池江泰寿厩舎)をアタマ差振り切って優勝した。勝ちタイムは1分33秒3(良)。

 さらに1.1/4馬身差の3着に4番人気アルアイン(牡4、栗東・池江泰寿厩舎)が入った。なお、2番人気アエロリット(牝4、美浦・菊沢隆徳厩舎)は12着、1番人気モズアスコット(牡4、栗東・矢作芳人厩舎)は13着に終わった。

 勝ったステルヴィオは、父ロードカナロア母ラルケットその父ファルブラヴという血統。昨年の朝日杯FS(2着)以来のマイル戦で見事GIタイトルを手にした。3歳馬によるマイルCS制覇は2年連続で5頭目。

 鞍上のW.ビュイック騎手はこれがJRA・GI初勝利。管理する木村哲也調教師にとっても、開業8年目でのGI初制覇となった。

【W.ビュイック騎手のコメント】
 ありがとうございます(日本語)。ずっと日本に来たかったのですが、様々な事情で来られず、4年ぶりの来日になりましたが、色々な方のサポートを受けてGIを勝てました。感激しています。

 調教に乗って、木村調教師からも色々な情報をいただきました。凄く良い状態でしたので馬のことを信じていましたし、幸運にも1枠1番が当たりましたので、スタートしてからどういう位置で競馬をするかを決めても大丈夫かなと思っていました。勝てたのは馬を仕上げたスタッフの皆さんのおかげだと思います。

 世界中で馬に乗っていますが、日本のファンの応援は世界一だと思います。その声援の中で勝てたのは非常に嬉しいです。

マイルCSダイジェスト>

スーパープレミアムコースでは全レースのフル映像のほか、各場毎のダイジェスト映像をご視聴いただけます

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す