スマートフォン版へ

【マイルCSレース後コメント】ステルヴィオ W.ビュイック騎手ら

  • 2018年11月18日(日) 17時29分
京都11Rの第35回マイルチャンピオンシップ(GI、3歳以上、芝1600m)は5番人気ステルヴィオ(W.ビュイック騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分33秒3(良)。アタマ差2着に3番人気ペルシアンナイト、さらに1馬身1/4差で3着に4番人気アルアインが入った。

ステルヴィオは美浦・木村哲也厩舎の3歳牡馬で、父ロードカナロア母ラルケット(母の父ファルブラヴ)。通算成績は9戦4勝。

〜レース後のコメント〜
1着 ステルヴィオ(ビュイック騎手)
「4年ぶりの日本で、ずっと乗りたいと思っていたので、乗せてくれた関係者の皆様に感謝していますし、今は嬉しさを噛み締めています。スタートが良く、あのポジションになり、幸運にもペースがそれほど速くなく、いいレースが出来ました」

2着 ペルシアンナイト(M.デムーロ騎手)
「直線で気を使うようなところがありました。馬群がバラけていたら結果が違っていたかもしれません」

3着 アルアイン(川田騎手)
「枠も展開も理想的でした。1600mもちょうど良く、いい走りが出来ましたが...」

4着 カツジ(松山騎手)
「16番枠でしたが、しっかり脚を使ってくれました。力のあるところを証明してくれました」

7着 レッドアヴァンセ(北村友一騎手)
「レース前から内が欲しいと思っていましたが、外枠だったので、内で脚をためるレースがしたかったです。4コーナーで一瞬前を捉えられるような反応を見せました。最後は一杯一杯になりました」

8着 ヒーズインラブ(藤岡康太騎手)
「ゲートの中でうるさかったので出が悪かったです。ペースが遅く、もう一列前でレースがしたかったのですが、ポジションを考えればよく走っていると思います」

9着 ウインブライト(松岡騎手)
「状態を見ながらで、出来としてはまだまだでしたが、使って良くなることを考えれば、力の差を感じませんでした。最後また差を詰めていました」

10着 エアスピネル(福永騎手)
「流れ的に厳しかったので、自分で動きました。いい形で上がって行きましたが、あの隊列で外を回って、あと100mで堪えました」

11着 ケイアイノーテック(藤岡佑介騎手)
「スローになる気がしていたので、外枠が当たった時点で(前に行く)意思表示をしないといけないと思いました。馬場が良かったですし、直線でもうひと反応して欲しかったです。現時点では力の差でしょうか」

12着 アエロリット(ムーア騎手)
「4コーナーまでは満足でしたが、ラストが思ったほど伸びてくれませんでした。ワンペースで右回りも良くないのかもしれません」

13着 モズアスコット(ルメール騎手)
「4コーナーでぶつけられてしまい、かなりバランスを崩してしまいました。そこで終わってしまいました。今日は力を出し切っていません」

14着 ロジクライ(C.デムーロ騎手)
「いいスタートを切って折り合いもつきましたが、周りの馬が強かったです」

15着 ブラックムーン(浜中騎手)
「自分の形でよく頑張ってくれたと思います」

16着 ジャンダルム(武豊騎手)
「出遅れがすべてです。イレ込んで、ゲートで駐立が出来ませんでした」

18着 レーヌミノル(四位騎手)
「調教師からは、出た感じで行って欲しいと言われました。他が行ったので、ジッとしていて、いつもとは違う競馬をしようと思っていました。しかし、4コーナーでゴチャゴチャしてしまい、トモを取られてしまいました」

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す