スマートフォン版へ

【マイルCS】ステルヴィオ&ビュイック人馬そろって初V 春の雪辱果たす

  • 2018年11月19日(月) 06時01分
 「マイルCS・G1」(18日、京都)

 昨年に続き、今年も3歳馬が頂点に立った。5番人気のステルヴィオが、ゴール前の追い比べを制してG1初タイトルを奪取。無冠に終わった春の雪辱を果たした。鞍上のビュイックはうれしいJRA・G1初V。2着は昨年の覇者ペルシアンナイト(3番人気)、3着はアルアイン(4番人気)。春秋マイルG1制覇が懸かっていたモズアスコット(1番人気)は13着に敗れた。

 今週も外国人旋風が吹き荒れた。名手に導かれ、真っ先にゴールを駆け抜けたのは5番人気のステルヴィオ。上位きっ抗ムードだった秋のマイル王決定戦を制し、G1初戴冠を果たした。

 殊勲のビュイックが振り返る。「スタートが良く、枠も最内だったので、無理して抑えず自然な流れに乗りました。さほどペースも速くなかったし、思い通りのレースができましたね」。最内枠から5、6番手につけると、直線では先に抜け出したアルアインを目掛け、ペルシアンナイトとともに強襲。最後にグイッとひと伸びし、昨年覇者を頭差封じて頂点に輝いた。これがJRA・G1初勝利となった30歳の名手は「関係者のサポートもあってG1を勝てました。感謝しています」と破顔一笑だ。

 レース後、木村師は人目もはばからず泣いた。2011年の開業から8年目、延べ16回目の挑戦で届いたG1タイトル。引き揚げてきた太田助手と抱き合うと、枠馬に顔を押し付けて、もう一度泣いた。「はー、ホッとしました。思い?多過ぎて言えません」。毎年、大手牧場生産の名血が送り込まれる関東のホープ厩舎。両肩にかかるプレッシャーは相当だったに違いない。「皐月賞の時は、レース当週の調教を“私が”失敗した。トップコンディションでなく出してしまって。秋は絶対、挽回したいと。この馬を何とかしようと、全てのスタッフが一生懸命やってくれた」。春のクラシックでは結果が出なかったとあって、感慨はひとしおだ。

 「恥ずかしながら調教師の頭が真っ白なんで」と話す指揮官に、今後の具体的な予定は浮かんでいない。しかし、鞍上いわく「もう少し距離が延びてもいいと思う。海外も視野に入る」。言葉通りなら、マイル路線のみならず、レース選択の幅も広がってくる。秋の淀最後のG1で春のうっぷんを晴らした3歳馬が、ここを起点にどんな輝かしいキャリアを築いていくのか-。興味は尽きない。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す