スマートフォン版へ

【京阪杯レース後コメント】ダノンスマッシュ北村友一騎手ら

  • 2018年11月25日(日) 18時11分
京都12Rの第63回京阪杯(3歳以上GIII・芝1200m)は1番人気ダノンスマッシュ(北村友一騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分8秒0(良)。1馬身3/4差の2着に12番人気ナインテイルズ、さらにハナ差の3着には11番人気ダイアナヘイローが入った。

ダノンスマッシュは栗東・安田隆行厩舎の3歳牡馬で、父ロードカナロア母スピニングワイルドキャット(母の父Hard Spun)。通算成績は10戦4勝。

〜レース後のコメント〜

1着 ダノンスマッシュ(北村友一騎手)
「調教から馬が良くなっていたのを感じていました。枠も良かったので、それを生かすため、スタートは決めようと思いました。そこから理想通りのレースができました。直線は前が壁になりかけましたが、空いた所をつけるだけの対応力がありました。手応えどおりよく伸びてくれました。春の大舞台に向け、賞金を加算できたことが大きかったです」

2着 ナインテイルズ(岩田康誠騎手)
「いつもより下げて後ろからのポジションになりました。脚が溜まっていました。内が開いてよく伸びてくれました」

3着 ダイアナヘイロー(菱田裕二騎手)
「リズム良く自分のレースができました。最後も盛り返しています。がんばってくれました」

4着 アンヴァル(酒井学騎手)
「スタートして出していった分、スムーズに勢いがつきましたし、集中して走ってくれました。力を付けています。元々力のある馬ですが、ようやく上手に力を出せるようになりました。メンタルが成長したと思います。ただ、もう少し内め(の枠)が欲しかったです」

5着同着 エスティタート(藤岡康太騎手)
「内枠だったので、スタートを決めていきました。タイトだった分、もう少しスペースが広がっていれば良かったです」

5着同着 コウエイタケル(小牧太騎手)
「惜しかったね。来るかと思いました。この馬も頑張っています」

7着 ベステンダンク(松山弘平騎手)
「外枠だったので厳しいかたちになりました。終いは伸びているのですが、もう少し内枠で、良いポジションでレースができれば良かったです」

8着 フミノムーン(国分優作騎手)
「掛かるのを気にせず、攻めたレースをしました。伸びかけたところで挟まれてしまいました。運がなかったです。それが無かったら、2着はあったかもしれません」

12着 キングハート(浜中俊騎手)
「枠がきつかったです。外は無理ですね」

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す