スマートフォン版へ

【ジャパンC】キセキ勝ち馬に脱帽2着 川田「普通なら押し切れている」

  • 2018年11月26日(月) 06時00分
 「ジャパンC・G1」(25日、東京)

 断然人気に推された三冠牝馬アーモンドアイが、2分20秒6の驚異的なJRAレコードでV。とてつもないタイムで、12年ジェンティルドンナ以来、史上2頭目となる3歳牝馬Vの快挙を決めた。

 相手が悪かった。この一言に尽きるだろう。4番人気キセキは2着。ハナを奪って逃げると、直線は鞍上のステッキに応えて二枚腰を発揮。ただ、2番手で構える無敵3歳牝馬の反応が違い過ぎた。残り150メートルでかわされ、昨年の菊花賞以来となるG1戴冠はならなかった。川田は「とにかく自分の競馬を組み立てて。返し馬も競馬もすごく雰囲気が良かった」と振り返る。

 負けたとはいえ、この馬も3着馬を3馬身半も離し、従来のレコードを1秒2更新する走破タイム。「普通なら当たり前のように押し切れているレースだと思うのですが。これだけの素晴らしい馬がいますからね。目いっぱい頑張ってくれました。スタッフとキセキに感謝しています」。勝ち馬の強さに脱帽といった様子だった。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す