スマートフォン版へ

【チャレンジC】昨年から芝2000m戦に変更 好走の条件とは/JRAレース展望

  • 2018年11月29日(木) 06時00分
 これからGI戦線に挑んでいこう、というチャレンジャーのためのGIII戦。2012年に12月の阪神に移動してから、一昨年までは2週目に芝1800mで行われていたが、昨年からは開幕週の芝2000m戦になった。阪神芝2000mは大阪杯が行われる舞台でもあるし、宝塚記念とも条件が近い。翌年の大舞台を展望するようなスター候補の出現を期待したい。

1.若い馬が強い

 時期変更以降の6年間で3歳馬が3勝して、4歳馬が1勝。2014年の勝ち馬トーセンスターダムと昨年の勝ち馬サトノクロニクルは、ここが古馬混合戦の初挑戦だった。距離が2000mに戻った昨年は、3歳馬が3頭出走して1・3・5着。若くて勢いのある挑戦者が通用しやすい傾向がある。

2.重賞以外からのステップは苦戦

 同じく時期変更後の6年間で、前走が重賞以外だった馬の勝利は2013年のアルキメデスだけ。一昨年キャピタルCから臨んだフルーキーは1番人気4着、2014年のエイシンヒカリアイルランドTからの臨戦で1番人気9着、2012年はリルダヴァルカシオペアSからの臨戦で1番人気15着。

3.中日新聞杯との両睨みでメンバー分散

 翌週に同じ距離でGIIIの中日新聞杯が行われるため、メンバーが分散しやすい。あちらはハンデ戦でこちらは別定戦なので、実績上位馬はこちらを使うことが多くなる。昨年は上位人気5頭のうち4頭が1〜4着を占めた。


 レイエンダは重賞初挑戦だったセントライト記念で2着。レース展開を味方につけた勝ち馬に上手く乗られたという結果で、敗れてなお強しを印象づけた。芝2000mでは2戦2勝、両方とも完璧な内容だった。古馬初挑戦でも楽しみのほうが大きい。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す