スマートフォン版へ

【ステイヤーズSプレイバック】アルバート1回目のVは5馬身差での圧勝(2015年)

  • 2018年11月30日(金) 16時00分
 12月1日に中山競馬場で行われるステイヤーズステークス(3歳上・GII・芝3600m)。今年はアルバート(牡7、美浦・堀宣行厩舎)が4連覇を懸けて出走する。アルバートが制してきた過去3年のダイジェストを振り返る。

アルバートが突き抜け圧勝! 4連勝で重賞初V!

 各馬揃ったスタート。まずは6番ユキノサムライがダッシュ良く出て、これに8番メイショウカドマツが続くが、外から16番プランスペスカが一気に上がってきて最初のコーナーに入る。

 2コーナーに入り、先手を取り切ったのはプランスペスカ。そのリードを3馬身ほどに広げて、ユキノサムライが2番手、さらに1馬身半差でメイショウカドマツが続き、その外を14番スズカデヴィアスが上がっていき、さらに15番カノンもこれに続いた。メイショウカドマツから1馬身半差で5番ネオブラックダイヤ、4番ゴッドフロアー、11番ファタモルガーナ、2馬身開いて3番マイネルメダリストと9番ケイアイチョウサンが並走。1馬身差で7番カムフィー、さらに1馬身差で1番トゥインクルと2番アルバート、3馬身開いて13番ヴァーゲンザイルと12番トルークマクト、そのさらに3馬身後ろの最後方が10番サイモントルナーレとなった。

 1000mの通過タイムは64.5秒。先頭はカノンに替わってスタンド前へ。2番手プランスペスカ、3番手メイショウカドマツと続き、4番手以下は少し離れる形で2周目の1コーナーに入る。ここからアルバートがじわじわとポジションを上げて中団の位置に。3コーナーでメイショウカドマツが先頭に立ち、後続各馬の差も一気に詰まって最後の直線を迎える。

 直線に入り、逃げるメイショウカドマツネオブラックダイヤファタモルガーナマイネルメダリストらが追うが、アルバートがその間を割って一気に先頭に躍り出た。アルバートはそのまま後続を突き放し、最後は脚の上がった先行勢を交わして2番手に浮上したカムフィーに5馬身差をつけて圧勝。500万、本栖湖特別(1000万)、比叡S(1600万)に続く4連勝で初めての重賞制覇を果たした。カムフィーとクビ差の3着にはトゥインクルが入り、メイショウカドマツは6着、ファタモルガーナは7着に終わった。勝ちタイムは3分45秒9(良)。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す