スマートフォン版へ

【ステイヤーズSプレイバック】アルバートの3連覇目はフェイムゲームを突き放す完勝(2017年)

  • 2018年11月30日(金) 16時00分
 12月1日に中山競馬場で行われるステイヤーズステークス(3歳上・GII・芝3600m)。今年はアルバート(牡7、美浦・堀宣行厩舎)が4連覇を懸けて出走する。アルバートが制してきた過去3年のダイジェストを振り返る。

アルバートが断然人気に応え3連覇達成!

 3番グランアルマダがムチを入れてハナを切り、これに4番シルクドリーマー、1番デルマサリーチャンなどが続いて1周目の1コーナーに入る。

 2コーナーに入り、グランアルマダリードは1馬身半。シルクドリーマーが単独2番手、2馬身差でデルマサリーチャン、その外に6番シホウが続く。4馬身開いて5番プロレタリアトと2番フェイムゲーム、さらに3馬身後ろに9番アルバートがいる。2馬身開いて7番プレストウィック、1馬身差で10番カムフィーが続き、さらに4馬身離れた最後方が8番サイモントルナーレとなった。

 1000mの通過タイムは62.2秒。1周目のスタンド前に入り、隊列は変わらないものの、各馬の差は縮まった。アルバートは内ラチ沿いを走りつつフェイムゲームをマークしている。2周目に入り、3コーナーに入ったあたりからフェイムゲームが進出を開始。アルバートもこれに続いて最後の直線を迎える。

 直線に入り、早々にフェイムゲームが先頭に立つ。その外からアルバートが迫り、早くも人気2頭の一騎打ちとなった。しかし、脚色は明らかにアルバートが勝っており、残り200mを過ぎたところでフェイムゲームを捕らえると、あとはゴールまで独走。最終的にフェイムゲームに2.1/2馬身差をつけ、JRA史上10頭目となる同一重賞3連覇を果たした。2着フェイムゲームから2馬身差の3着には、プレストウィックが入った。勝ちタイムは3分43秒0(良)。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す