スマートフォン版へ

【チャンピオンズC 勝負の分かれ目】「ダートのアーモンドアイ」が初めての先行策で圧勝。「形」のない、この馬だけの強さを発揮

  • 2018年12月02日(日) 18時45分
 ミルコ・デムーロが騎乗する1番人気のルヴァンスレーヴは、内の2番枠からポンと速いスタートを切った。

「ちょっと入れ込んでいたけど、いつもどおり。前はスタートがよくなかったけど、だんだんよくなっている」

 デムーロはそう振り返り、つづけた。

「出して行かなくても、いいところを取ることができた。ずっと馬なりでした」

 スッと2、3番手の内につけ、1コーナーへと入って行った。

 過去8戦でこうして先行したことはなかったが、萩原清調教師が「まだ競馬の形が定まっていない」と話していたように、「形」を持たずに結果を出しつづけているところが、この馬ならではの強さでもある。

 紅一点のアンジュデジールが単独でハナを切り、向正面へ。

 ルヴァンスレーヴアンジュデジールから2、3馬身離れた2番手の内を、引っ張り切れないほどの手応えで進んでいる。

 その外にヒラボクラターシュインカンテーションという8枠の2頭がいて、さらに2馬身後ろにアメリカのパヴェルと、ジョアン・モレイラのサンライズソアがつづく。

 1000メートル通過は1分01秒9。馬群が縦長になっているわりには、さほど速くはない。

 アンジュデジールが先頭のまま直線へ。

 ルヴァンスレーヴはその直後にいる。

 ラスト200メートル地点の手前で、デムーロはルヴァンスレーヴアンジュデジールの真後ろから外に持ち出し、ゴーサインの右ステッキを入れた。

 そこからは独壇場だった。

 ルヴァンスレーヴは見る見る後続を突き放し、2馬身半差でフィニッシュ。勝ちタイムの1分50秒1はレースレコードタイ。速いタイムへの対応力を心配する声もあったが、あっさり吹き飛ばした。

「素晴らしい馬です。クリストフ(・ルメール騎手)が『ダートのアーモンドアイだ』と言っていましたが、本当ですね」

 デムーロの言葉どおり、直線での抜け出し方まで、ジャパンカップを勝ったときのアーモンドアイに似ていた。

 2着は8番人気のウェスタールンド。離れた最後方にいながら、4コーナーでワープするように内を回った藤岡佑介の好騎乗だった。

 これがルヴァンスレーヴにとって、JRA・GI初制覇であったが、交流GIを含めるとGI4勝目、今年だけで3勝目だ。JRA賞最優秀ダートホースは当確だろうが、最優秀3歳牡馬の座もグッとたぐり寄せたのではないか。

 来年のドバイワールドカップ、米国ブリーダーズカップへと、夢はひろがる。

(文:島田明宏)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す