スマートフォン版へ

【香港スプリント】(9日・シャティン) 日本馬の近況(6日)

  • 2018年12月06日(木) 19時33分
9日(日)に香港・シャティン競馬場で行われる香港スプリント(G1)に出走予定の日本馬について、6日の調教状況と関係者のコメントは以下の通り。

※調教時計は香港ジョッキークラブ発表のもの

ファインニードル(牡5、栗東・高橋義忠厩舎)
川田将雅騎手が騎乗し、角馬場→芝コース(ダク7ハロンからギャロップ4ハロン。調教時計は4ハロン49秒8-2ハロン22秒6)

川田将雅騎手のコメント
「香港の環境にも慣れてきています。スプリンターズステークスの時よりも良い状態でレースに臨めそうです」

高橋義忠調教師のコメント
「春に一度経験していることもあり、ここまで順調に来ています。馬の気配も良いですし、スプリンターズステークスの時よりも良い状態でレースを迎えられそうです。ゲート番号12については、できれば内枠が良かったのですが、気になる有力馬も比較的外側のゲート番号だったので相手を見ながら戦法を考えていきたいと思います」

(JRA発表)

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す