スマートフォン版へ

【ターコイズSレース後コメント】ミスパンテール横山典弘騎手ら

  • 2018年12月15日(土) 18時07分
中山11Rのターコイズステークス(3歳以上GIII・牝馬・芝1600m)は5番人気ミスパンテール(横山典弘騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分32秒7(良)。半馬身差の2着に10番人気リバティハイツ、さらにクビ差の3着に13番人気デンコウアンジュが入った。

ミスパンテールは栗東・昆貢厩舎の4歳牝馬で、父ダイワメジャー母エールドクラージュ(母の父シンボリクリスエス)。通算成績は13戦6勝。

〜レース後のコメント〜
1着 ミスパンテール(横山典弘騎手)
「連覇することができて嬉しいです。レースはこの馬の気分に任せて、自然体でこの馬のリズムで行きました。去年も混戦でしたが、今年は早めに良いスペースを確保して去年より楽でした。秋は長い距離で大変でしたが、来年はまたマイル戦で頑張ってほしいと思います」

2着 リバティハイツ(北村友一騎手)
「前走は入れ込みがきつかったので、調教師と相談して今日はメンコをつけました。その効果が大きく、道中は力まずうまく走れました。ペースが速い中、直線で脚を使ってくれて、収穫の大きいレースでした」

3着 デンコウアンジュ(柴田善臣騎手)
「展開に左右される所はありますが、乗りやすい馬でした。追い出したらビュンと行きだして、直線の坂を上がる時の伸び脚はすごかったです」

4着 フロンテアクイーン(O.マーフィー騎手)
「外枠ということもあり、ある程度のポジションを取りに行きました。それでも終いまでしっかりと脚を使ってくれています」

8着 プリモシーン(W.ビュイック騎手)
「スタートは出てくれてポジションは悪くありませんでしたが、4コーナーの勝負どころで前が壁になってしまいました。その影響でトップスピードになるまで時間がかかりました。結果論ですが、もっと早く外に出すべきでした」

10着 ハーレムライン(大野拓弥騎手)
「上位とはそれほど差はありませんでしたし、もう少し力をつけてくれればオープンクラスでも十分やれそうです」

11着 フローレスマジック(C.ルメール騎手)
「スタートが今日も良くありませんでした。その後は勝ち馬の後ろのポジションを取れてスムーズでしたが、反応があまり良くありませんでした」

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す