スマートフォン版へ

【有馬記念】シンボリクリスエスが9馬身差独走 引退の花道を飾る連覇/平成有馬記念列伝(2003年)

  • 2018年12月20日(木) 20時45分
 前年の1、2着馬が、そのまま1番人気と2番人気に支持された。

 前年の覇者シンボリクリスエスが1番人気。この年は、休養明け初戦の宝塚記念こそ5着に敗れたものの、リニューアルされた東京競馬場で行われた天皇賞・秋を18番枠から豪快に差し切り勝ち。続く重馬場で行われたジャパンカップを3着して、引退レースとなる有馬記念を迎えていた。

 一方のタップダンスシチーは、前年の積極策でスタイルを確立。金鯱賞京都大賞典と2つのG2タイトルを積み重ね、前走のジャパンカップで念願のGI初制覇を成し遂げていた。しかも後続に9馬身、タイムにして1.5秒もの差をつける圧巻の逃げ切り勝ちでのものである。

 二冠馬のネオユニヴァースが不出走のため、3歳の代表格はゼンノロブロイ菊花賞こそ内で包まれて不完全燃焼に終わっていたが、後続を置き去りにした神戸新聞杯の内容から、3歳トップクラスの能力を秘めていることは疑いようがなかった。

 レースは、菊花賞ザッツザプレンティの逃げで幕を開ける。アクティブバイオが続き、タップダンスシチーは3番手。前半から11秒台が続き、中盤でも緩まない厳しい流れとなった。

 前を行く2頭は早々と後退。タップダンスシチーも自分のリズムで走れなかった影響か、圧勝だった前走の反動か、反応が今ひとつ。

 ここで、武豊リンカーンが4コーナーで捲って勝負に出る。しかし、その後ろにペリエ騎乗のシンボリクリスエスが忍び寄ると、残り300m地点であっさりとリンカーンを交わし、あとは独壇場。ぐんぐんと差を広げてゴールへと飛び込んだ。その差は9馬身。しかも勝ち時計2.30.5は、91年ダイユウサクのレコードをコンマ1秒更新するものだった。リンカーンが2着に粘り、ゼンノロブロイが3着。

 稀代の伯楽に渾身の仕上げを施され、名手の完璧なエスコートのもと、圧倒的な力を見せつけたシンボリクリスエス。強烈な印象をファンに残してターフを去った。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す