スマートフォン版へ

【有馬記念】ディープインパクト敗れる! ハーツクライが先行策でGI初勝利/平成有馬記念列伝(2005年)

  • 2018年12月21日(金) 12時10分
 注目は史上6頭目となる牡馬三冠を無敗で達成したディープインパクトの古馬との初対決。ファン投票で16万297票を集め、その「飛ぶ走り」を一目見ようと、中山競馬場には16万人を超える大観衆が詰め掛けた。

 ディープインパクトの単勝オッズは1.3倍。古馬初対戦、直線の短い中山コースであっても、その勝利を疑う者はほとんどいなかった。

 2番人気はゼンノロブロイ。前年の秋戦線を完全制圧した馬だ。この秋も天皇賞(秋)を2着、ジャパンカップを3着と安定した走りをみせていた。鞍上はケント・デザーモ。離れた3番人気で、有馬記念三連覇中のペリエが駆るデルタブルースが続く。

 オースミハルカが外からポンと出るも、内からじわりとタップダンスシチーがハナを奪う。3番手にコスモバルクが続き、その直後につけたのが4番人気のハーツクライダービー宝塚記念ジャパンカップといずれも後方一気で2着に健闘していたハーツクライの先行策に、場内はどよめきに包まれる。

 ゼンノロブロイは中団、そしてディープインパクトは悠々と後方からポジションを上げていく。

 タップダンスシチーに往年の力はなく、4角入り口で早々と後退。ディープインパクトが外から手応え良く6番手に上がって直線コースへ向く。一歩先に抜け出したハーツクライをめがけて、外から襲い掛かるディープインパクト。しかし、2馬身の差がなかなか縮まらない。最後は半馬身リードを守りハーツクライが栄光のゴールへと飛び込んだ。ルメール騎手の左手が高々と上がる。

 ディープインパクト、初黒星。

 武豊はレース後にこう振り返った。

「今日は飛ばなかった」

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す