スマートフォン版へ

【有馬記念】安藤勝己ダイワスカーレットが圧巻の走りで37年振りの牝馬制覇/平成有馬記念列伝(2008年)

  • 2018年12月21日(金) 18時00分
 ダービーディープスカイ菊花賞オウケンブルースリはともにジャパンカップに矛先を向け有馬記念は回避。前年の1、2着馬が人気の中心となった。

 1番人気は前年2着のダイワスカーレット。この年は始動戦の大阪杯を勝ったものの、その後に骨瘤を発症し休養。天皇賞・秋で復帰すると、ウオッカと歴史に残る名勝負を演じてハナ差の2着と力を示していた。

 2番人気は前年の優勝馬マツリダゴッホ。この年も中山の重賞を2勝し、東京のジャパンカップでも4着。まさに充実期という印象だ。

 3番人気はジャパンカップを制したスクリーンヒーロー、引退レースとなるメイショウサムソンが4番人気で続く。

 レースは13番枠から飛び出したダイワスカーレットがハナを奪うと、天皇賞・秋同様に、一貫したペースを作っていく。メイショウサムソンが2番手につけ、カワカミプリンセスアサクサキングスなどが続く展開。先行すると目されていたマツリダゴッホは、流れに乗りきれず後方からの競馬を強いられる。

 勝負どころでメイショウサムソンの手が動きだし、後方からスクリーンヒーローマツリダゴッホが捲り気味に進出して4コーナーをカーブ。直線入り口で差を広げたダイワスカーレットの脚色は衰えず、そのまま逃げ切り勝ちを収めた。

 早めに動いたスクリーンヒーローマツリダゴッホは失速。最後方で脚を溜めていた最低人気のアドマイヤモナークが2着に突っ込み、3着は中団の内で機を窺っていたエアシェイディ。3連単は98万5580円という大波乱である。

 安藤勝己をして「後ろが早めに動いたのは分かったけれど、追いかけてきたら止まるだろうなと思った」とまで言わしめた圧倒的な持久力。追いかけてきた馬が脚をなくす、まさに女王の走りであった。

 ダイワスカーレットは、次の目標をドバイワールドカップに定めるが、登録したフェブラリーSへ向けての調教中に屈腱炎を発症し引退。結果的に、この有馬記念がラストランとなった。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す