スマートフォン版へ

【有馬記念】3歳ゴールドシップがGI連勝 引退レースのルーラーシップが大出遅れから3着/平成有馬記念列伝(2012年)

  • 2018年12月22日(土) 12時00分
 凱旋門賞2着のオルフェーヴルは体調が整わず回避。その有馬記念で1番人気に推されたのは、オルフェーヴルと同じく型破りなレースぶりでクラシックを制したステイゴールド産駒だった。

 その馬の名はゴールドシップ皐月賞では荒れ馬場を意識して各馬が外を回す中、ただ1頭、内に突っ込んでの“ワープ”を披露。菊花賞では通過順位17-17-4-2という大捲り。インパクト抜群の内容で二冠を制した芦毛の怪物候補だ。

 2番人気ルーラーシップはここが引退レース。春にクイーンエリザベス2世カップを圧勝しG1ウイナーの仲間入りを果たしたものの、秋2戦はともに大出遅れが響き3着止まり。「ゲートさえ五分なら」というのが、ファンと陣営の偽らざる思いだった。

 ゲートが開くと場内は悲鳴に包まれる。ゲートで立ち上がったルーラーシップが10馬身近く出遅れたからだ。ゴールドシップもダッシュがつかず後方2番手からの競馬となる。

 ハナを切ったのはアーネストリー。前年とは打って変わり、平均ペースでの逃げを打つ。ビートブラックルルーシュが続き、エイシンフラッシュは中団の内目を追走。馬群に取り付いたルーラーシップが後方3番手、ゴールドシップは1番後ろからレースを進める。

 3コーナーから捲っていったゴールドシップ、一緒に動いたルーラーシップはかなり外を回る形になって直線へ。横一線に広がった追い比べから、内から2頭目を抜けてきたのは、レース当日に急遽、M.デムーロから乗り替わった三浦皇成が手綱を取るエイシンフラッシュ。残り100m地点で3馬身近いリードを奪う。

 そこへ馬場の真ん中からオーシャンブルー、大外からゴールドシップルーラーシップが襲いかかる。最後はゴールドシップが1.1/2馬身突き抜けてゴールに飛び込んだ。

 ゴールと同時に高々と内田博幸の左手が上がる。新たなスター誕生の瞬間であった。

関連ニュース

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す