スマートフォン版へ

【有馬記念】人気馬同士の叩き合い 3歳サトノダイヤモンドがキタサンブラック破る/平成有馬記念列伝(2016年)

  • 2018年12月22日(土) 18時30分
 2.6倍、2.7倍と人気を二分したのはサトノダイヤモンドキタサンブラック。この2頭の一騎打ちムードで、離れた3番人気に前年の覇者ゴールドアクター

 サトノダイヤモンドはここまで7戦5勝2着1回3着1回。春二冠には手が届かなかったが、菊花賞は後続に0秒4差の圧勝と、その才能を開花させていた。

 一方のキタサンブラックも、この年に天皇賞・春ジャパンカップとGIを2勝。前年は3着だったが、当時からのパワーアップは明白で、天皇賞・春ジャパンカップと同じ1枠1番を引き当てた点も有利と目されていた。

 マルターズアポジーが1000m通過61秒0のスローペースながら、後続を5馬身近く引き離す逃げを打つ。キタサンブラックは2番手に控える形で、3番手の外にサトノダイヤモンド、その内にゴールドアクターと有力どころが好位を占める展開となる。3コーナー付近でサトノノブレスが仕掛けていくも手応えを無くして後退。

 残り400m地点でキタサンブラックが先頭に立ち、真ん中にゴールドアクター、外からサトノダイヤモンドと人気3頭の叩き合いとなる。残り100mでキタサンブラックが二の脚を使い押し切るかにみえたが、ゴール寸前でサトノダイヤモンドが差し切った。

 一見、前に行った有力馬で決まった淡白なレースに見えなくもないが、名手と名馬が死力を尽くした紛れもない名勝負だった。レース後にルメールが見せた涙こそ、その何よりの証である。

関連ニュース

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す