スマートフォン版へ

【有馬記念】シュヴァルグラン呪縛解く アンラッキー枠も開き直ってVつかむ

  • 2018年12月22日(土) 06時01分
 「有馬記念・G1」(23日、中山)

 昨年のジャパンC覇者シュヴァルグランは濃い霧が発生した21日朝、角馬場→栗東DP→坂路のメニューをこなした。「恥ずかしくない状態で出せると思います。程良く気合が乗り、反応もいいです」と大江助手は仕上がりに手応えをつかむ。

 木曜の公開抽選ではゲストの土屋太鳳が真っ先に馬名入りのボールを引き、トップバッターに。友道師が引き当てたのは平成元年Vのイナリワンを最後に28年もの間、勝利どころか3着以内も出ていない8枠15番となった。

 「しょうがないですね。ボウマン騎手がクジを引いてくれれば良かったんですけど(笑)」。冗談交じりに話した大江助手だが、「馬の並びはいいし、有力馬を見ながら行けるのはいい。積極的に乗ってくれれば」と悲観する様子は全くない。

 16年6着、17年3着に続く3度目の挑戦。昨年は直線で大きな不利を受けて、不完全燃焼の結果に終わった。「騎手が昨年経験しているのは強みだと思います」。“アンラッキー枠の呪縛”を解き、三度目の正直で平成最後のグランプリを制してみせる。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す