スマートフォン版へ

【平成有馬列伝】06年ディープインパクト 平成最強馬、花道を飾る飛翔

  • 2018年12月22日(土) 06時00分
 最後も飛んだ-。平成時代の有馬記念名勝負を振り返る「平成有馬列伝」。クリスマス・イブに行われた平成18(2006)年の有馬記念ディープインパクトが有終Vで花道を飾った。

  ◇  ◇

 後方のポジションはすっかり定番。末脚を信頼する主戦が淡々とラップを刻む。3コーナーからが真骨頂だ。一気のギアチェンジでスパートすると、ファンの熱い視線が主役を追う。438キロの小さな体。一瞬の接地で、芝から四肢が全て離れる。滞空時間の長い独特の走りで、前を一気にのみ込むと、並ぶ間もなく抜け出した。上がり3Fは圧巻の33秒8。異次元の脚だ。

 「驚いた。ものすごく強かった。こんな感覚を味わったことがない」。デビューから全14戦。その背に乗り続け、パートナーを熟知する武豊でさえも、舌を巻くほどの衝撃だった。

 1年越しのリベンジでもあった。史上2頭目となる無敗の三冠達成。ただ、3歳で挑戦した有馬記念(05年)は、小回りを味方にした、ハーツクライの絶妙な立ち回りに屈して2着と苦杯をなめた。過去の歴史でも、数々の名馬が思わぬ形で敗戦を喫した、紛れのある中山2500メートル。それでも、2年続けて負けるわけにはいかなかった。単勝支持率70・1%は有馬記念史上、57年ハクチカラ(76・1%)に次ぐ2位。史上最強の“小柄な怪物”は、その思いに応えた。

 今は、惜しまれながら去ったディープの血を継ぐ多くの産駒たちが、ターフを沸かす。あの日から12年-。武豊は振り返る。

 「負けられない。負けてはいけないレースだった。自信がそこまであると緊張もしなかった。最後だと思って味わって乗ったよ」

 背中と躍動感。そして、見える景色を存分に楽しんだ余裕のフィナーレだった。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す