スマートフォン版へ

【有馬記念 勝負の分かれ目】騎乗馬を知り尽くした池添騎手の積極策が初タイトルを引き寄せた

  • 2018年12月23日(日) 19時30分
 細かい雨が降りつづき、第10レース発走前に中山芝コースの馬場状態が良から稍重に変更された。

 ブラストワンピースを管理する大竹正博調教師はこう受けとめていた。

「2戦目のゆりかもめ賞のときも馬場が渋ったのですが、問題なかった。父がハービンジャーなので、プラスに考えました」

 鞍上の池添謙一も同じだった。

「馬力のある馬だし、大丈夫だと思っていました」

 レースに関して、大竹師から池添に一切指示はなかった。池添は、オーナーから「思い切って乗ってくれ」と送り出されたという。

「パドックと馬場入りのときはチャカついて、テンションが高めかなと思いました。スタートをしっかり出して、ポジションをとりに行こうと、自分のなかでは決めていました」

 平成最後のグランプリのゲートが開き、16頭の出走馬が飛び出した。

 1枠1番を利して武豊オジュウチョウサンが先頭に立つと場内が大きく沸いた。

「好スタートを切れば先手をとりたいと思っていました。状態もよく、自分としては、やりたいレースをすることができました」

 1周目の4コーナーを回りながら、大方の予想通り、川田将雅キセキが外から進出し、単騎でハナに立ってスタンド前を通過した。

「自分のリズムでレースをしてくれればいいと思っていました。具合がよかったので、前に進む気持ちが強かったですね」と川田。

 オジュウチョウサンミッキーロケットサウンズオブアースらがつづく。

 前半1000m通過は1分00秒8。馬場状態を考えると、けっして遅くはない。

 1、2コーナーを回りながらキセキは後ろとの差をひろげ、4馬身ほどのリードをとって向正面に入った。

 ブラストワンピースは中団の外、その2馬身ほど後ろに、1番人気のレイデオロがつけている。

 キセキは5馬身ほどのリードで2周目の3コーナーへ。2番手はオジュウチョウサン、その外にミッキーロケットが馬体を併せている。

 3、4コーナー中間の勝負どころで、池添の手が動き、前をかわしにかかった。

レイデオロが後ろにいることはわかっていたので、仕掛けどころが大事だと思い、ここというところで動きました」

 キセキが先頭のまま直線に入った。

 オジュウチョウサンキセキとの差を3馬身ほどに詰めてスパートをかける。

「最後は一瞬『おっ』と期待を抱ける手応えだった。4コーナーの走りは、乗っていて感動しました」と武。

 ラスト200m地点まではオジュウチョウサンも踏ん張っていたが、坂を上り切ったところで、馬場の真ん中からブラストワンピースが猛然と伸びてきた。その外からレイデオロも差を詰めてくる。

「坂を上って後ろから足音が聞こえたときは、『なんとかしのいでくれ』と思いながら追いました」と池添。

 その思いに応え、ブラストワンピースが先頭でゴールを駆け抜けた。

 勝ちタイムは2分32秒2。

 結果として、馬場のいい外目で折り合い、早めに仕掛ける積極策が、レースの上がり36秒9という消耗戦で奏功した。これを含む全7戦に騎乗し、パートナーを知り尽くした池添の好プレーだった。

「この馬の期待度からすると、ここがゴールではない」と大竹師。今年の3歳世代の強さを改めて示す、楽しみなニューヒーローが誕生した。

(文:島田明宏)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す