スマートフォン版へ

半姉はラッキーライラック、ライルがO.マーフィー騎手で始動/関東馬メイクデビュー情報

  • 2018年12月24日(月) 18時00分
 今年の中央開催も残すところわずか1日。当ニュースで取り上げた多数の若駒が新馬勝ちをみせ、なかにはGIを含む重賞戦線を賑わすまでに出世した馬も。

 とはいえ、クラシック戦線は年明けからが本番。今週デビュー予定の新馬は近親に早期からGIを制した良血馬もおり、今年最後のメイクデビューも引き続き要注目だ。

◆ライル(牡、父ディープインパクト、母ライラックスアンドレース、美浦・手塚貴久厩舎)

 昨年の阪神JFを制したラッキーライラックの異父弟。ゲート試験に合格後はノーザンファーム天栄で乗り込み、11月23日に再入厩した。1週前の追い切りではヤングマンパワー、ラストヌードルとの3頭併せを消化。しっかりと長めから時計を出し、ひと追い毎に上昇している。

「体高も幅もある体つき。気性的にはムキになったり、右にモタれるようなところがあるけど、しっかりと動けている。デビュー前のレベルとしては水準以上。いい脚を長く使えそうなタイプだし、距離も2000mぐらいまではこなせると思う。血統的にも期待しています」と手塚貴久調教師。12月28日、中山の芝2000mをO.マーフィー騎手で予定している。

◆エンシュラウド(牡、父Authorized、母Screen Star、美浦・藤沢和雄厩舎)

 異父姉のLumiereはイギリスの2歳GI・チェヴァリーパークSの...

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す