スマートフォン版へ

【ホープフルS】ニシノデイジー 脚さばき軽快 3頭目の2歳重賞3勝目へ「順調」

  • 2018年12月26日(水) 06時00分
 「ホープフルS・G1」(28日、中山)

 札幌2歳S東スポ杯2歳Sと重賞を連勝中のニシノデイジーが25日、美浦Wの併せ馬で、軽快なフットワークを披露。総合力の高さがセールスポイントのハービンジャー産駒が、84年のグレード制導入後、3頭目(過去2頭は91年ニシノフラワー、96年マイネルマックス)となる2歳重賞3勝目を目指す。

 重賞3連勝を狙うニシノデイジーは勝浦がまたがり、美浦坂路を4F73秒5で駆け上がったあとにWに登場。僚馬アナザートゥルース(4歳1600万下)を5馬身ほど先行させて、ゆったりとした走りから徐々にスピードを上げていく。直線では内から馬体を併せて、最後までしっかりとした脚取りで併入。5F69秒8-39秒5-12秒4とタイムは目立たないものの、キビキビとしたフットワークからは好調さが十分に伝わってきた。

 動きを見届けた高木師は「タイムも予定通り。順調に来ていますね。これといった武器はないが、平均的なレベルが高い。楽しみです」と、16年チャンピオンズCサウンドトゥルー)以来となるJRA・G1獲得へ手応え十分の表情だ。

 デビューから3戦は北海道での滞在競馬。初の輸送競馬となった前走の東スポ杯2歳Sは、未経験の左回りでも芝千八の持ち時計を3秒1も縮めて勝利。「実戦の経験を積んで、競馬が上手になってきた」とトレーナーも確かな進化ぶりを認める。

 コンビを組む勝浦も、その底知れない能力を高く評価する。「新馬戦、未勝利戦の時よりも、重賞の方がいい競馬をしてくれている。前走も力を測ろうとしていたが、それでも結果を出してくれた。今回は距離が延びて、さらにこの馬の良さが出ると思う」と全幅の信頼を寄せる。

 有馬記念を制したブラストワンピースと同じハービンジャー産駒。「タフな競馬になってくれれば、チャンスはあると思う。頑張ります」と11年ぶりのG1制覇へ力を込めた。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す