スマートフォン版へ

【ホープフルS】好相性は意外にも前走新馬戦組、未勝利組の激走も/データ分析(ローテーション編)

  • 2018年12月27日(木) 17時39分
 28日に中山競馬場で行われるホープフルS(2歳・牡牝・芝2000m)。過去10年のデータを前走・ローテーションから分析していく。なお、新馬戦、未勝利戦に関しては異なるレースであっても一括りに「新馬」「未勝利」として扱っている。

 最多となるのは前走「新馬戦」組で9回の馬券絡み。実に6勝を挙げている。「未勝利」組も5回馬券に絡んでいるが、こちらは0-4-1-31と勝ち馬は出ていない。次いで今年出走がない葉牡丹賞組が4回となっている。また、葉牡丹賞を含めた「500万下」組は2-4-3-37。

 注目のサートゥルナーリアは萩Sからのステップ。過去10年で3頭出走し、10年のベルシャザールが優勝している。他2頭も僅差で、相性は悪くなさそうだ。

 東スポ杯2歳Sは0-0-2-11。10年フェイトフルウォー、13年クラリティシチーが3着しているが、重賞昇格後の馬券絡みはなく、昨年もルーカスが2番人気を裏切っている。ただし、近10年で東スポ杯勝ち馬の出走例はなかった。ニシノデイジーがどういう走りを見せるか注目したい。

 京都2歳Sからのステップは1-0-0-5。昨年、タイムフライヤーが優勝しているが、14年にはダノンメジャーが1番人気を裏切っている。

 なお、ホープフルSは14年にG2に昇格しており、そのタイミングで従来の出世レースであったラジオNIKKEI杯2歳Sが無くなっている。しかしローテーションの傾向に大きな変化はなく、14年以降に限定しても、新馬組は2-0-2-3と活躍。14年シャイニングレイ、15年ハートレーが優勝し、16年グローブシアター、17年ステイフーリッシュが3着している。特にステイフーリッシュは8番人気の伏兵だった。未勝利組は0-1-1-13。好走率は下がっているが、馬券に絡んだ14年ブラックバゴ、16年マイネルスフェーンは9番人気と8番人気。未勝利組の人気薄での一発には注意を払いたい。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す