スマートフォン版へ

【京都金杯】パクスアメリカーナ、飛躍へ 好素材が初タイ獲る!

  • 2018年12月30日(日) 06時00分
 「京都金杯・G3」(1月5日、京都)

 この秋、猛威を振るった明け4歳勢に注目だ。なかでも、7カ月ぶりのリゲルSを圧勝したパクスアメリカーナは、来季の飛躍が楽しみな逸材。12年ヴィクトリアマイルを制したホエールキャプチャの全弟とあって、潜在能力の高さは計り知れない。調整も順調。ここで重賞初Vを飾り、さらなる高みを目指す。

 7カ月のブランクも何のその。リゲルSでパクスアメリカーナが見せた圧巻のパフォーマンスは、オープン特別のカテゴリーでは明らかに次元が違った。

 1枠1番から好発を決めると、中団のインで折り合いはピタリ。後続勢がスローペースにたまりかねて動くなか、慌てることなく、脚を温存し続けた。ラスト1Fで視界が開けると、待ってましたとばかりに“末脚一閃”。上がり3Fは断トツの34秒1をマーク。瞬く間に後続を4馬身突き放した。

 圧勝劇に、猿橋助手は「追ってからしっかりと反応していたし、完勝の内容でした」とうなずいたが、あのパフォーマンスでもまだ、良化途上であったというから驚きだ。「中間、以前のように時計が出ていませんでしたが、当該週になってやっと良くなって来ました。直前の追い切りは良かったですけどね」と淡々と振り返った。

 19年始動戦へ向けて前進あるのみだ。26日には、栗東CWで5F68秒8-39秒4-12秒1を計時。「サラッとでしたが、動きは良かった。使って良くなるイメージでしたし、前走のダメージもなく、順調に来ています。上積みはあると思いますし、今回も楽しみ」。

 同世代のステルヴィオが勢力図を塗り替えたマイル路線。虎視たんたんと開花の時を待っていた好素材が、初タイトルを手に入れて、新風を吹かせる。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す