スマートフォン版へ

【大井・東京2歳優駿牝馬】アークヴィグラスが内から抜け出し重賞5連勝!/地方競馬レース結果

  • 2018年12月31日(月) 16時51分
 31日、大井競馬場で行われた第42回東京2歳優駿牝馬(2歳・牝・ダ1600m・1着賞金2000万円)は、好位でレースを進めた瀧川寿希也騎手騎乗の1番人気アークヴィグラス(牝2、大井・嶋田幸晴厩舎)が、直線で内を突いて抜け出し、2着の10番人気ラブミーピンク(牝2、大井・堀千亜樹厩舎)に2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分44秒0(良)。

 さらに2馬身差の3着に11番人気マルパソ(牝2、川崎・鈴木義久厩舎)が入った。なお、2番人気スティールティアラ(牝2、北海道・角川秀樹厩舎)は4着、3番人気ダバイダバイ(牝2、船橋・坂本昇厩舎)は5着に終わった。

 勝ったアークヴィグラスは、父サウスヴィグラス母キセキノショウリその父フジキセキという血統。門別のフルールC、リリーC、エーデルワイス賞、川崎のローレル賞に続く重賞5連勝を飾った。また、GRANDAME-JAPAN2018・2歳シーズンも本馬の優勝となった。

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す