スマートフォン版へ

アーモンドアイ世界制圧への期待 世界最強牝馬との対決心待ち

  • 2019年01月02日(水) 10時21分
 2019年は明け4歳の芝、ダートの主役が世界へ飛び出して行く。圧倒的な強さで牝馬三冠+ジャパンC制覇を決めたアーモンドアイは、ドバイ、そして日本競馬悲願の凱旋門賞・仏G1制覇への期待が、チャンピオンズCで年長の猛者を蹴散らしたルヴァンスレーヴには、日本調教馬初の海外ダートG1制覇の期待がかかる。

 大きな期待と重圧を背負い続けた18年。アーモンドアイを管理する国枝師は「プレッシャー?大きかったよ。寝られない日もあったし、食事も簡単に喉を通らなかった」と、今では笑って話す。

 これまで5頭の三冠牝馬が誕生しているが、三冠レースでいずれも2着馬に1馬身以上の差をつけたのは、アーモンドアイのみ。それだけにとどまらず、ジャパンCを2分20秒6の驚異の世界的レコードタイムで圧勝した。これには普段冷静沈着な指揮官も関係者と喜びのハイタッチ。「年がいもなく恥ずかしいことをしたかな」と苦笑いを浮かべたが、「それだけ興奮していたんだと理解してくれ」と笑顔を見せた。

 まだ相対していないライバルもいるが、現役最強馬と呼ばれても、何一つ不思議はない実績を残した。となれば、2019年は“世界制圧”への期待が高まる。オーナーのシルクレーシングは「ドバイ挑戦」を明言。そして、その先には日本馬にとって初となる、凱旋門賞Vへと夢がつながっていく。

 主戦のルメールも「来年も(エネイブルが)現役続行のようだから、ぜひ戦わせてみたい」と、史上初の凱旋門賞3連覇を狙う世界最強牝馬との対決を心待ちにしている。日本競馬の悲願へ大きな期待がかかる逸材は、まずは3月末のドバイターフドバイシーマクラシック(ともにUAE・G1)で世界デビューを果たす予定だ。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す