スマートフォン版へ

【京都金杯レース後コメント】パクスアメリカーナ川田将雅騎手ら

  • 2019年01月05日(土) 18時23分
京都11Rの京都金杯(4歳以上GIII・芝1600m)は1番人気パクスアメリカーナ(川田将雅騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分34秒9(良)。3/4馬身差の2着に5番人気マイスタイル、さらにクビ差の3着に11番人気ミエノサクシードが入った。

パクスアメリカーナは栗東・中内田充正厩舎の4歳牡馬で、父クロフネ母グローバルピース(母の父サンデーサイレンス)。通算成績は8戦4勝。

〜レース後のコメント〜
1着 パクスアメリカーナ(川田騎手)
「前回がいい内容でしたし、もともと素質の高さを感じていました。そういうところが噛み合ってきて、いいレースをしてくれるだろうと思っていました。期待通りの内容でした。キッチリと組み立てて勝ってくれました。力をつけながら、大きいところへチャレンジできる馬になってほしいです」

1着 パクスアメリカーナ(中内田調教師)
「揉まれなくて、折り合いを気にしながらのレースでした。京都の上り下りを上手にこなしてくれて、時間はかかりましたが、しっかり反応してくれました。7ヶ月出走していなかった分、心身ともに成長していると思います。前走はギリギリ(レースに)間に合ったかな、という感じでしたが、今回は上積みがありました。もともと期待していた馬です。今後は馬の様子を見て決めます」

2着 マイスタイル(田中勝騎手)
「うまく行ってくれたと思いましたが、ねじ伏せられてしまいました。気にしていたことではありますが、外枠でしたからね...」

3着 ミエノサクシード(川島騎手)
「跨った時から雰囲気が良かったです。いつもより頑張ってくれました」

4着 アドマイヤアルバ(岩田騎手)
「ゲートはそれなりに出て、直線まで我慢させていました。最後も脚を使っています。この距離の方が良いのではないかと思います」

5着 ヒーズインラブ(藤岡康騎手)
「上手にゲートを出て、ポジションを取りに行きました。行きっぷりが良かったので、もう少しうまく折り合えていれば、終いは伸びたかもしれません」

6着 グァンチャーレ(古川騎手)
「ハンデを背負っていたので、その分でしょうか」

8着 カツジ(松山騎手)
「直線で勝ち馬の後ろまで行ったのですが、反応があまり良くありませんでした。最後の1ハロンでエンジンがかかったという感じでした」

10着 スマートオーディン(秋山騎手)
「能力があります。最後に速くなるように我慢させていました。折り合いを欠いていたところはありましたが、我慢させたことが次につながればいいですね。さすがはスマートオーディンです」

11着 トゥラヴェスーラ(浜中騎手)
「良い感じでしたが、直線に入って瞬発力の差が出ました」

13着 ロードクエスト(福永騎手)
「タメていってくれ、という指示でした。伸びていますが、前残りになりました」

14着 ツーエムマイスター(四位騎手)
「良い感じでしたが、最後は止まってしまいました」

15着 ストーミーシー(吉田隼騎手)
「いいところで運べましたが、ペースが流れてくれれば良かったです。馬群が密集していたので、広いところに出したかったです」

16着 アサクサゲンキ(松若騎手)
「距離でしょうか...。いい頃の進んで行く感じは戻ってきています」

17着 バリス(酒井学騎手)
「ゲートが開く前にテンションがガーッと上がってしまい、出遅れてしまいました」

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す