スマートフォン版へ

【京成杯】カイザースクルーン惜敗に終止符を 相沢師は巻き返しに期待

  • 2019年01月09日(水) 10時00分
 「京成杯・G3」(14日、中山)

 新馬戦V後は、芙蓉S3着、葉牡丹賞5着と惜しい競馬が続くカイザースクルーン。前走は折り合いを欠いたのが敗因。度外視できる内容だ。

 「内枠でスタートを出して行ったら、逆に引っ掛かってしまった。ジョッキー(ビュイック)も“うまく乗れなかった”と言っていたよ」と相沢師。「奥手の血統なので、これからもっと良くなる」と、重賞舞台での巻き返しを期待した。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す