スマートフォン版へ

【京成杯】キングカメハメハ産駒が過去5回の馬券圏内と好成績/データ分析(血統編)

  • 2019年01月10日(木) 12時08分
 14日に中山競馬場で行われる京成杯(3歳・GIII・芝2000m)について種牡馬・血統別に検証していく。

 過去10年で最多となる5回の馬券絡みはキングカメハメハ、4回でステイゴールドが続く。他に複数回の馬券絡みがあるのはハービンジャーバゴディープインパクトアグネスタキオン

 キングカメハメハ産駒は0-3-2-5で優勝馬こそいないものの複勝率50%。15年クルーガー(6番人気3着)、16年ケルフロイデ(7番人気2着)と人気薄での激走が見込め、昨年はコズミックフォースが2番人気2着としっかり馬券絡みを果たした。今年、キングカメハメハ産駒ランフォザローゼスが出走を予定している。

 ディープインパクト産駒は1-0-1-8で複勝回収率47%。10頭中9頭が4番人気以内で残る1頭も6番人気だったことを考えると期待値は低く、11年にスマートロビンが、16年にウムブルフが1番人気を裏切っている。馬券になったのは12年ベストディール(2番人気1着)と14年アデイインザライフ(4番人気3着)。今年登録しているディープインパクト産駒は、カフジジュピターダノンラスターの2頭だ。

 ハービンジャー産駒は2-0-0-5。15年ベルーフ、16年プロフェットが優勝している。ハーツクライ産駒は1-0-0-3。13年のフェイムゲームが7番人気で勝っている。今年、ハービンジャー産駒はヒンドゥタイムズリーガルメインの2頭が、ハーツクライ産駒カテドラルが登録している。

 人気が予想されるラストドラフトの父ノヴェリストシークレットランの父ダンカークはこれまでの出走なし。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す