スマートフォン版へ

【日経新春杯】特に速い上がりが求められるコース/コース解説

  • 2019年01月13日(日) 10時00分
 13日に京都競馬場で行われる日経新春杯(4歳上・GII・芝2400m)の舞台となる京都芝2400m外。このコースについて解説していく。

 4コーナー奥のポケットからのスタート。スタンド前直線を約600m走って1コーナーへ。向正面半ばからは徐々に坂を上り、3コーナーで頂点をむかえ、4コーナーにかけて下っていく。最後の直線は404m(Aコース使用時)で坂は無い。ただし外回りコースにおける高低差は4.3mあり、起伏の大きなコースと言えるだろう。

 長めの距離、1コーナーまで十分に距離があるためか、ペースは上がりにくい。過去10年の前半3ハロンの平均は35秒37、前半5ハロンの平均は60秒45。京都芝2400m外は、JRA全コースの中でも屈指の速い上がりを求められるコースで、このレースも例外ではない。稍重だった17年、良馬場ながら雨の影響で時計のかかった09年を除くと、全て勝ち馬の上がりは33秒台または34秒台。前半5ハロン58秒9と速い流れになった10年でも勝ち馬メイショウベルーガの上がりは34秒9を記録しており、それ以外の年は全て勝ち馬は34秒4より速い上がりを使っている。

 ちなみに、過去10年の上がり最速馬の成績は5-2-2-2。速い上がりを使える馬を探すことが的中への第一歩となりそうだ。

 なお、1回京都は全てAコースで行われ、日経新春杯は4日目の開催。よほど天候に祟られない限りは、内目の状態は保たれている可能性が高い。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す