スマートフォン版へ

【地方競馬】1月と2月の船橋競馬で騎手の防寒対策を実施

  • 2019年01月12日(土) 05時59分
 船橋競馬は、今年の1月および2月に行われるナイター開催において、騎手の健康管理面を考慮し、すべての競走(2月のJRA交流競走は除く)で、馬の負担重量を0.5kg加増(アンダーシャツ分)することを発表した。

 また、同様の理由により、下見所から発走地点までの間、防寒着を着用できる。

【防寒着について】
・すべての騎手が同じ防寒着を着用します。
・すべてのレース(2月のJRA交流競走含む)で着用が可能ですが、着用を義務付けるものではありません。
・パドックや返し馬ではゼッケンや帽子等をよく確認し、お間違えのないようご注意ください。

(千葉県競馬組合のリリースより)

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す