スマートフォン版へ

【日経新春杯レース後コメント】グローリーヴェイズ M.デムーロ騎手ら

  • 2019年01月13日(日) 17時08分
 京都11Rの第66回日経新春杯(GII、4歳以上、ハンデ、芝2400m)は1番人気グローリーヴェイズ(M.デムーロ騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分26秒2(良)。1/2馬身差2着に5番人気ルックトゥワイス、さらに1/2馬身差で3着に3番人気シュペルミエールが入った。

 グローリーヴェイズは美浦・尾関知人厩舎の4歳牡馬で、父ディープインパクト母メジロツボネ(母の父スウェプトオーヴァーボード)。通算成績は7戦3勝。

〜レース後のコメント〜
1着 グローリーヴェイズ(M.デムーロ騎手)
「強かったです。新潟以来の騎乗でしたけど、その時も強かったですし、段々強くなって成長しています。(ペースが乱れたが)4コーナーでも手応え抜群でした。去年はこの時期に重賞で負けましたが、今日はリベンジ出来ました」

2着 ルックトゥワイス(岩田騎手)
「直線でよく追い上げていますが、4コーナーで外にいた分、届きませんでした」

3着 シュペルミエール(北村宏司騎手)
「コンディションが良く、気合い乗りもちょうど良かったです。いい流れでリズム良く、直線もいけると思ったのですが、もう少しでした」

5着 エーティーサンダー(酒井騎手)
「内枠で軽量、ある程度前でイメージ通りの位置を取れました。リズム良く、この距離でも上手に走ってくれました。突き抜ける脚はありませんでしたが、直線に向いた時は反応を見せてくれました。よく頑張ってくれましたし、自己条件なら力は上位だと思います」

6着 ムイトオブリガード(川田騎手)
「直線、目の前は空いていましたが、苦しい走りになっています。久々の右回り、今の京都の重たい馬場が合わなかった感じです」

9着 メイショウテッコン(武豊騎手)
「スタートも良くなかったですし、逃げるつもりはありませんでした。前半折り合って、外から来られた時、ハミを噛んでいました。そのタイミングでペースがグンと落ちましたから、一気に仕掛けました。ハマッたかと思ったのですが...」

11着 ウインテンダネス(内田博幸騎手)
「ペースが速かったので、位置はあれで良かったと思います。有力馬が近くにいましたし、ジッとしていましたが、いつもなら引っ掛かって行くくらいの馬なのですが、今日は反応がありませんでした」

12着 マサハヤドリーム(北村友一騎手)
「融通の利く、コントロールの利く馬ではないです。馬群が詰まった時にハミを噛んでしまったように、今日は流れが噛み合いませんでした」

13着 ロードヴァンドール(横山典弘騎手)
「休み明けでしたし、相手が強すぎました。ちょっと時間がかかるかもしれません」

14着 アイトーン(国分恭介騎手)
「いくらか急仕上げでしたから、ここを使って良くなると思います」

15着 アフリカンゴールド(ミナリク騎手)
「スタートしていい感じでしたが、今日はペースのプレッシャーがこの馬にはきつかったです」

16着 ガンコ(藤岡佑介騎手)
「好位外めの追走でしたが、終始、力みっぱなしでした。気持ち良く走れていない状況です」

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す