スマートフォン版へ

【京成杯レース後コメント】ラストドラフト C.ルメール騎手ら

  • 2019年01月14日(月) 17時15分
中山11Rの京成杯(3歳GIII・芝2000m)は4番人気ラストドラフト(C・ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分01秒2(良)。1馬身1/4差の2着に2番人気ランフォザローゼス、さらにクビ差の3着に7番人気ヒンドゥタイムズが入った。

ラストドラフトは美浦・戸田博文厩舎の3歳牡馬で、父ノヴェリスト母マルセリーナ(母の父ディープインパクト)。通算成績は2戦2勝。

〜レース後のコメント〜
1着 ラストドラフト(C・ルメール騎手)
「強かったです。スタート前から元気一杯でした。良いスタートを切って、良いポジションでした。物見はしていましたが、リラックスして走っていました。段々と加速していきました。血統が良い馬ですし、2連勝で重賞を勝ってくれて、上のクラスにも行けると思います」

1着 ラストドラフト(戸田博文調教師)
「スタートが良くて、スピードが全体的に速いので、理想より前へ行きました。内容は強かったと思います。速いペースになれば中団でもレースは出来ないこともないと思います。自在性を見せてくれたのは収穫だと思います。トリッキーな中山コースをキャリア2戦目で走ったのは大したものです。帰って来てケロッとしていましたので、まだ余裕があるのだと思います。オーナーサイドとの相談になりますが、今後は王道でいくしかないと思っています」

2着 ランフォザローゼス(O・マーフィー騎手)
「完璧なレースができたと思います。勝った馬は強いですが、この馬ももっと成長するでしょうし、この馬の本領発揮は2400mからだと思います。そこでどんなパフォーマンスをするか楽しみです。重賞はすぐに勝てるでしょう」

3着 ヒンドゥタイムズ(中谷雄太騎手)
「思っていた通りにペースは速くなりませんでしたが、スタートで勢い良く行くタイプではないので、あの位置からになりました。ペースは1コーナーまで流れていましたが、その後に落ち着いて向正面でスペースもあったので位置を上げることができました。悲観する内容ではないと思うのですが、1着でなくて悔しいです。むしろ距離が延びて良いと思います」

5着 リーガルメイン(戸崎圭太騎手)
「ゲートでソワソワして遅れましたが、無理せずに行きました。緩さはまだありますが、素質を感じます。上がっていく脚が良かったです。この後パンとしてくるといいですね」

7着 マードレヴォイス(三浦皇成騎手)
「レース間隔が短い中でも馬は良くなっていました。ゲートを出て、しっかりハミを取って頑張っていました」

11着 カテドラル(福永祐一騎手)
「2番手の馬が勝つ競馬で、この馬も楽に行けたのですが。マイルくらいの方がいいのかもしれません」

12着 ダノンラスター(M・デムーロ騎手)
「初めて乗ったのでわかりませんが、強かった新馬戦のイメージではありませんでした。向正面で少しずつ上がっていったのですが、すぐに止まってしまいました」

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す