スマートフォン版へ

ロイカバードが種牡馬入り、セレクトセールで2億5200万円の高額馬

  • 2019年01月17日(木) 11時30分
 昨年12月25日付でJRAの登録を抹消されたロイカバード(牡6)が、北海道新ひだか町のレックススタッドで種牡馬入りしたことがわかった。2019年の種付料は受胎条件30万円、出生条件50万円と設定されている。

 ロイカバードは、父はディープインパクト、母は2002年の米国年度代表馬アゼリその父ジェイドハンターという血統。2013年のセレクトセール当歳にて、同年最高価格の2億5200万円(税込)で落札された。

 2015年11月、栗東の松永幹夫厩舎の管理馬としてデビュー。新馬戦ときさらぎ賞での、同じ年のセレクトセールで2億4150万円(税込)で落札されたサトノダイヤモンドとの対決は“5億円対決”として注目を集めた。

 通算成績は18戦4勝。獲得賞金は8567万1000円。昨年9月23日の西宮S(4着)がラストランだった。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す