スマートフォン版へ

【シルクロードS】ダノンスマッシュ充電完了 夢はG1タイトル、さらに海外へ

  • 2019年01月22日(火) 06時00分
 「シルクロードS・G3」(27日、京都)

 昨秋の京阪杯で重賞初制覇を果たしたダノンスマッシュが、約2カ月の充電を完了。今季初戦からさらなる進化を示し“G1獲り”への足場を固める。

 京阪杯はスッと好位に取りつき、直線最内から抜け出す鮮やかな勝ちっぷり。今季の飛躍を抱かせた。安田隆師は「うまくレースを運べました。去年は若さがあったし、腰も甘かったけど、少しずつたくましくなってきましたね」と成長ぶりに目を細める。

 重賞連勝へ。圧巻だったのが、17日に東坂路で行われた1週前追い切りだ。僚馬ブラックジルベルト(4歳500万下)を並ぶ間もなくかわし、4F秒49秒9-36秒2-12秒2の猛時計をマーク。担当の岩本助手は「具合自体はいいですよ。落ち着きもあるし、いい感じで来ています」と順調な調整ぶりを強調。迫力のある動きは、本格化の兆しを感じさせた。

 父ロードカナロアは11年京阪杯で重賞初制覇を果たし、翌12年のシルクロードSをV。重賞連勝&破竹の5連勝でスプリント戦線に名乗りを上げ、その後は国内外のG1・6勝をマークした。指揮官は「カナロア産駒は、自分のところで大きいところを勝ちたい。高松宮記念を勝ちたい。そして香港へ行きたい」と息子のスマッシュに大きな夢を描く。昨年の最優秀短距離馬ファインニードルが引退し、王座が空位となったスプリント界。偉大な父の足跡をなぞり、新星となる。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す