スマートフォン版へ

【根岸S】サンライズノヴァ鋭く伸びた G1獲りへ弾みつける半馬身先着

  • 2019年01月24日(木) 06時00分
 「根岸S・G3」(27日、東京)

 目標のG1獲りへ、弾みをつける-。サンライズノヴァが23日、栗東坂路で力強い動きを披露して、状態の良さをアピールした。フェブラリーS(2月17日・東京)の前哨戦で負けるわけにはいかない。3連勝中のコパノキッキングは栗東CWを機敏に駆け抜け、抜群の気配だった。

 回転の速いダイナミックなフォームで、サンライズノヴァが栗東坂路を駆け上がる。僚馬インディチャンプ(4歳オープン)と併せ、直線鋭く伸びて半馬身先着した。4F52秒8-38秒6-12秒1のタイムに、音無師は「これだけ動けばいいんじゃないの。時計的にもいい。あまり仕上げ過ぎても良くないからね。東京競馬場への輸送もあるし」満足そうにうなずいた。

 チャンピオンズCは5番人気で6着。指揮官は「中京の乾いたダートが合わなかったようだ。それに前残りの競馬になってしまって、後ろから行く馬には展開が厳しかった」と指揮官はG1の壁よりも、舞台設定を敗因に挙げていた。

 同馬にとって直線の長い東京ダート変わりは大歓迎。昨年の根岸Sは惜しくも鼻差の2着に敗れたが〈6302〉と全7勝中6勝をマークしている。「この馬に東京コースは合っているね。それに相性のいい戸崎圭が乗ってくれるのも心強いよ。今回の条件はぴったり」と、師は自信たっぷりに言い切った。

 あくまでも目標は次走のフェブラリーSとはいえ、前哨戦を落とすわけにはいかない。自慢の末脚勝負で他馬をねじ伏せ、胸を張って本番へ向かうつもりだ。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す